キッチンリフォームの成否を決める重要ポイント!賢い業者の選び方を紹介!

当サイトはキッチンリフォームの成否を決める重要ポイントとなる、賢い業者の選び方を紹介しています。
はじめてのリフォーム工事で、どのように業者を選んだら良いか分からない場合にはぜひ参考にしてみてください。
リフォームを依頼する際に確かめたいのが、キッチンの改修工事の提案力です。
また台所のリフォームでは業者の対応力も重視したいものです。
これらのポイントを押さえて業者を探すと、リフォームの成功が期待できます。

キッチンリフォームの成否を決める重要ポイント!賢い業者の選び方を紹介!

キッチンが古くなったり使い勝手が良くなかったりするためキッチンリフォームを検討しているのなら、選び方やポイントを知って良い業者に依頼するのがお勧めです。
キッチンリフォームを依頼する業者を決めるときには、出来るだけ複数の候補の中から見積もりを比較して選ぶようにすると良いでしょう。
また見積もりを確認する際には内容の詳細がわかるか、信頼感の持てる対応をしてくれるかどうかをチェックすることで、納得の業者を選べる可能性が高まります。

キッチンリフォームに最適なタイミング

キッチンリフォームはまとまった資金が必要になることで、躊躇してしまう方は少なくはありませんが、毎日使う大切な水回りの場所になるので最適なタイミングでキッチンリフォームをする方法で失敗に感じずに快適な住宅設備に仕上げることができます。
良きタイミングは個人によって感じ方は異なりますが、20年以上も使っているキッチンの場合は蛇口の水漏れを何度も起こしている場合、排水管のつまりを何度も起こしている場合、蛇口の劣化によって交換が必要な場合も該当します。
古いタイプのキッチンはステンレス製ではありますが、長年の利用で傷が目立ってしまい輝きを失ってしまっている場合や、研磨をしないと除去できない汚れが増えていることもリフォームするには良いきっかけです。
シンクの下側には収納スペースが設けられているものですが、旧型の場合は取っ手が付けられているドアタイプを採用していることが多く、蝶番が破損している状態や取っ手部分に衛生上好ましくない汚れが付いている状態でキッチンリフォームするには最適ではないでしょうか。

キッチンリフォームが完了するまでの工期

住居設備のリフォームの中で、キッチンリフォームの工期は約2週間を有するものです。
少し工期が長くなりますが、その理由をここで見ていくことにしましょう。
まずキッチンリフォームの場合、必ず水道・下水の配管を付け替える必要があります。
この作業には最低でも4日間は掛かるので、この付け替えが完了するまでは内装を整えることができません。
キッチンリフォームでは床と壁を取り除き、そのあとで修繕も実施します。
元の内装を忠実に再現をするのか、新たな壁と床のクロスの張り替えをするのであれば1週間の施工です。
その後、必要なシステムキッチンやオーブンなどの設備を導入して完成です。
水回り箇所となるため、防水対策施工もしっかりと実施をされるのが特徴になります。
また配管と内装工事とは別の会社が担当するのが基本なので、実際にキッチンリフォームを実施する場合は、両者と打ち合わせをして完了時期を調整することも重要になる点です。

料金に係るキッチンリフォームの費用相場

キッチンリフォームをするときの費用相場は、キッチン本体の価格が大きくそれを左右します。
例えば、ホームセンターのオリジナルキッチンなどは安価ですのでそれに工賃などがプラスされた形です。
大手や有名メーカーのキッチンはそれだけでも100万円くらいするのも珍しくないので、それに工賃がかかると100万円以上することも珍しくありません。
キッチンリフォームをするときには、工事にかかる料金も重要ですがどこのメーカーにするかによっても数十万円単位で変わってきます。
キッチンリフォームをするなら、10年以上は使うことになるのが一般的ですし毎日使う場所ですので料金だけでなく保証なども検討するのがポイントです。
同じくらいの価格の業者で迷った場合には、アフターサービスなどの質について比較すると良いでしょう。
一般的に100万円前後で行われることが多いキッチンリフォームですが、相場を知るにはいくつか見積もりを取ると安心です。

キッチンリフォームの費用を節約するコツ

快適性や清潔さを得るために、老朽化したキッチンリフォームを依頼することを考えている場合、できるだけ節約をして施工をするにはコツがあります。
多くの方が既に理解をしていることはネット上のサービスで無料一括サイトがあり、リフォームに特化したサイトであれば、最安値で施工する会社は探せます。
この段階で利用する会社を決めることではなく、目安に考えることで費用を更に安くすることができ、購入するキッチン本体価格で調整を行う方法はあり、ハイグレードを求めない姿勢であれば安く施工することは当然ながら可能となります。
他の手段では施主支給に対応する施工会社を探す方法もあり、このケースではキッチンリフォームを行う施主がネット上から市販価格からかなりの割引料金で販売をしているキッチンを購入し工事だけを任せるという方法も効果的です。
この業界では原則として旧型を安く販売することは行っていない傾向にありますが、ネット上であれば海外製や国内メーカー品でも安く販売をしているサイトがあり、調べてみる価値は十分にあります。
後は必要としない機能性を求めないこともコツになり、ビルトイン食洗機などが該当していてシンク台をシンプルな機材に限定をする方法も間違いではありません。

筆者:玉木長幸

熊本県熊本市生まれ。
キッチンリフォームで効率的に家事をこなせるようになりました。

天草市でキッチンリフォーム